はじめに

社内規程(社内規則)について

 社内規程(社内規則)とは、会社内の業務に関する事柄についての様々なルールをいいます。
 適正で効率的な経営をするには、社内規程が必要です。すなわち、社内規程は、法令を反映しているので、役員や社員の適正な行動を促します。また、社内規程は、煩雑な業務の手順を整理しており、業務をスムーズに進めるのに役立つので、経営の効率的化を図ることができます。さらに、ルールに基づいた統一的な経営により、対外的な信頼も得られます。

 このように、会社を経営する場合、会社内のルールが定められていなければ、適正で効率的な経営をすることができません。そこで、会社内のルールである社内規程(社内規則)の整備が必要です。
 当事務所では、社内規程(社内規則)に関する書類作成を承っております。社内規程(社内規則)に関する書類の作成について、ご関心がございましたら、当事務所までご連絡・ご相談下さい。

お問合せはこちら

コンテンツのご案内

[1] 社内規程(社内規則)とは [2] 社内規程の必要性

[3] 社内規程の変更は必要か  [4] 社内規程の種類

ページトップへ戻る